エラ削りをして人生が大きく変わった

美容整形外科で手術をうけることが決定

私が行った美容整形外科は、とても有名なところで手術例も豊富だったので特に心配することはありませんでした。最初に、執刀することになる医師やスタッフと入念に打ち合わせをしました。手術を受けた場合のリスクは覚悟の上でしたので、とにかく自分の顔がスッキリとするのであればどんなことにでも耐えられるということを伝え、ついにエラ削りの手術をうけることが決定。手術は入院をして受けました。術後にさまざまな合併症が出る可能性があるので、医師が常駐する病院に数日間は入院しなければならないのです。

私の場合は、術後に大きな合併症はありませんでしたが、やはり痛みはなかなか引きませんでした。1ヶ月程度は痛みが続きましたが、それでもその痛みよりも顔の形が美しく整えられたという喜びの方が大きかったです。腫れが完全に引いて理想的なラインが現れるまではそこからさらに半年程度は必要でしたが、改めて美しく生まれ変わった自分の顔を見て本当にびっくりしました。鏡の中には、今まで思い描いていた綺麗でスッキリとした顔のラインの女性がいたのです。そしてそれはまぎれもなく私自身でした。手術後、すぐに彼氏もでき、就職もすんなりと決めることができました。やはり面接の時の印象が良かったのが決め手となったと思います。エラ削りをして顔を美しく変えたことによって、人生が着実に良い方へと向かっている実感を持っています。

すごくコンプレックスでインターネットで調べてみる 資金を貯めることを開始。そして20歳に 美容整形外科で手術をうけることが決定