エラ削りをして人生が大きく変わった

すごくコンプレックスでインターネットで調べてみる

参考にしたサイト
リッツ美容外科

子供の頃から気にしていたのが顔のエラの部分でした。ものすごくコンプレックス があり、小学校高学年になる頃からは、いつも伸ばした髪で隠すようにして絶対に輪郭をほかの人に見せることはしませんでした。2つ上の姉はとても綺麗で女の子らしいスッキリとしたフェイスラインなのに、どうして自分はこんなに目立つエラがあるのだろうと、羨ましい気持ちと妬ましい気持ちをずっと持っていました。姉もそのことは薄々感じ取っていたらしく、私の前では絶対に顔の輪郭のことは話題に出すことはありませんでしたので、気にかけてくれていたようです。母は小顔の美人系の顔立ちなのですが、父が典型的な四角顔でした。

姉は母に似て、私はどうやら父に似てしまったようです。もちろん男性の場合は、多少エラが張っていてもそれが強そうでとても頼もしく感じられるとも言えるのですが、私のような女性にとっては無用の長物です。友人の多くは顔のことを特に行ってくる人はいなかったのですが、中学生になるとクラスの男子から顔の大きさやエラについてからかわれることが何回かあり、そのたびに暗く沈んだ気持ちになりました。エラ削りをしたいと思い立ったのはこの頃が初めてかも知れません。夜に誰もいなくなった部屋で、こっそりとエラ削り についてインターネットで調べるようになりました。

エラ削りの手術を受けた実体験

五体満足で生まれ成人になるまで日常生活やお仕事に全く不自由を感じることはなかったのですが、やはり子供の頃からエラはコンプレックスであり、手術を受ける前は自分なりにヘアスタイルで工夫したりボトックス注射を行ったこともありました。
ヘアスタイルは一時的に隠すことができても風が吹いたり頭を動かすと問題点が見えてしまいますし、いつも同じヘアスタイルしか楽しめないのが女性としては辛かったです。
たった一つの問題点により楽しく生きていくことができないという事に大きな損失を感じるようになり、エラ削りの手術を受ける決意をしたのです。
本気で手術を依頼しようと考えた際、思ったよりも苦戦したのがお世話になるべきクリニックの選定についてです。
現在ではエラ削りを受け付けている医療施設が多いので、インターネット上で探すと膨大な数の施設がヒットします。
その中でウェブサイトのレイアウトが整頓されていて見やすくなっている病院のサイトを見ていると、手術前後の変化の様子がアップされていてわかりやすく、不安材料も払拭されたので数ある医院の中で決めました。
比較的遠くから訪れたのでいざ出向く時には不安があったものの、担当して頂けた先生が大変優しい方であり、カウンセリングも懇切丁寧で胸をなで下ろしました。
カウンセリングの段階で他の患者さんが同じようにエラ削りをした時に削り取られた骨を見せてもらうことができたのですが、左右が均等に切り取られていたのでプロの技術に感動したのを覚えています。
入念に検査して頂いた結果、私のケースはエラ骨に加えて頬骨も出ていると判断されたため、頬骨についても合わせてお願いすることになりました。
もちろん、二箇所分の手術費用が必要になってしまうのですが、全ての課題が無くなるのであれば決して高いとは感じませんでした。
いよいよ作業が開始されるという時には全身麻酔が実行されたのですが、麻酔医の方のお話を聞いているうちに眠りについてしまい、気がついた時には既に全ての工程が完了していました。
要した時間はおよそ4時間であり、麻酔により眠っているということもあり、痛みに苦しんだという記憶は一切ありません。
担当医と同様に麻酔医も穏やかな人で心配することなく身を委ねられましたが、薬効によりなぜか喉に強い痛みを覚え満足に声を出すことができなかった記憶があります。
クリニックには度々行くことになったのですが、毎回驚かされたのは全体的に清潔感が溢れる院内であったということで、看護師さんにも清潔感がありました。
綺麗な空間なので長居したくないという気持ちは一切抱きませんでしたし、一つ一つ看護師が着替えやうがいのタイミングを指示してくれるので、手持ち無沙汰になったりやるべきことがわからずに戸惑いを感じることも無かったです。
随所に思いやりが感じられるからこそ、手順を終えた後すぐに動き出すことは難しいと理解しているので、ベッドでしばらく休憩していても急かされずに済みました。
自宅まで帰宅するのは困難であろうと予想していたので近くにホテルを確保していたのですが、手術日の夜は若干口内が血の香りがするのが気になりました。
その後3日目までは若干痛みもあったものの、5日目には何も気になることはなく、腫れも無くなり鏡を目にして変化した自分を見るのが嬉しくなっていました。
およそ一週間後に職場復帰したのですが、夏休みを利用してエラ削りをしていたので迷惑になりませんでしたし、風邪予防という名目でマスクをしていれば不思議がられることもありません。
マスクを外した後は同僚などから雰囲気が変化したと言ってもらえたり、表情が柔らかくなったと言われエラ削りをして良かったと思っています。

すごくコンプレックスでインターネットで調べてみる 資金を貯めることを開始。そして20歳に 美容整形外科で手術をうけることが決定